ブログ

インプラントの寿命は何年??短命の原因とメンテナンスについて

▼目次

1.インプラントの寿命とは?一般的な期間とその要因について

2.インプラントが短命になる原因と予防方法

3. 正しいメンテナンスでインプラントの寿命を延ばすポイント

4. イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院におけるインプラント治療のサポート内容

 

 

1.インプラントの寿命とは?一般的な期間とその要因について

インプラント治療は、失った歯を取り戻すための方法であり、確かな効果と高い満足度が得られることで人気を集めています。
しかし、インプラント治療を受ける際に気になるのが、その寿命です。この記事では、インプラントの一般的な寿命とその要因についてお話しします。

インプラントの寿命は、使用されるインプラントメーカーや治療技術、患者さんの口腔内状況や維持管理の状況によって異なるため、
一概には言えませんが、一般的には、インプラントは10年以上、場合によっては20年~30年持つと言われています。
また世界でみると、患者様が亡くなられるまでの40年以上の間、機能し続けた方もいらっしゃいます。

インプラントの寿命を左右する要因について

1つ目の要因:インプラントメーカー

現在インプラントは、国内でも30種類以上、世界では100種類以上存在します。
メーカーごとに基本構造や、基本材質、形状や表面の処理の仕方まで、大きな違いがあります。メーカーごとの信頼度や臨床実績も大きく異なります。
インプラントは、長い年月使っていただくものになりますので、安全性が確立されていることはもちろんですが、なるべく普及率の高いメーカーのものを選択することをお勧めします。
治療前にインプラントのメーカーごとの特徴について十分に理解し、自分が信頼できるメーカーの選択をすることが重要です。

2つ目の要因:治療技術

治療技術の向上により、インプラントの寿命は長くなっています。
インプラント治療を行うクリニック選びで特に重要なのが、治療経験豊富な歯科医師による適切な治療を受けることです。
また、最新の設備を有しているクリニックを選ぶことも、インプラント治療の成功と寿命に影響します。

3つ目の要因:患者さんの口腔内状況

口腔内の衛生状態や歯周病の有無、骨の状態などがインプラントの寿命に関係しています。
治療前に十分な検査とコンサルテーションを行い、適切な治療計画を立てることで、インプラントの寿命を延ばすことができます。

4つ目の要因:維持管理の状況

インプラントを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスと適切なセルフケアが不可欠です。
歯科医師と連携しながら、インプラントの状況をチェックし、予防的な対策を行うことが大切です。

まとめとして、インプラントの寿命は様々な要因によって左右されますが、適切な治療計画と維持管理を行うことで長持ちさせることが可能です。
インプラント治療を検討している方は、これらの要因を考慮し、クリニック選びや自身のケアに気を付けましょう。
 

 

2.インプラントが短命になる原因と予防方法

インプラント治療は、欠損した歯の機能や見た目を回復するために広く普及している治療法です。
しかし、インプラントが期待される寿命を満たさずに短命になることがあります。本記事では、インプラントが短命になる原因と予防方法についてお話しします。

インプラントが短命になる主な原因は以下のようなものがあります。
1. 骨への適切な固定ができていない
2. 周囲組織の感染
3. 頻繁な力がかかる状況(咬み合わせの問題など)

これらの原因を防ぐために、以下の方法を実践することが大切です。

➀適切な適切な手術技術・材料の選択

インプラント治療を行う医師の技術や経験が重要です。
また、適切なインプラント材料やサイズを選択することも寿命に影響します。

➁定期的なメンテナンス

インプラント周囲のケアが重要です。
歯石除去や歯周病の予防を行うことで、感染リスクは低減します。
また、咬み合わせや適合性のチェックも都度行い、トラブルがある際は早期に発見し治療することが重要です。

➂セルフケア

毎日の正しい歯磨きやデンタルフロスの使用で、インプラント周囲の汚れを除去し、歯周病や細菌感染を予防します。

➃定期的な健康診断

全身の健康状態がインプラントの寿命に影響を与えることがあります。
糖尿病や心臓病などはインプラントの成功率を下げるリスクがありますので、定期的な健康診断を受けることが重要です。
また喫煙もインプラントの成功率を大きく下げる原因となります。インプラントを検討される際は禁煙することが重要です。

インプラントの寿命を延ばすためには、適切な治療計画や治療技術、定期的なメンテナンスやセルフケアが鍵となります。
こうした予防方法を実践することで、インプラントはより長く機能することができるでしょう。
インプラント治療を検討している方は、信頼できるクリニックや医師に相談してください。
 

 

3. 正しいメンテナンスでインプラントの寿命を延ばすポイント

インプラント治療は、被せ物が入ってそこで終了ではありません。
そこからが大切なケアの始まりです。
正しいメンテナンスを行うことで、インプラントの寿命が延びることをご存知でしょうか?
この記事では、クリニックを探しているあなたに、インプラントの寿命を延ばすためのメンテナンスのポイントをご紹介します。

➀セルフケアに力を入れる

ご自身でのブラッシングは、インプラントを少しでも長く正常に機能させるための重要な要素です。
特にインプラント周囲は、丁寧な歯磨きを心がけましょう。歯ブラシの毛の硬さは柔らかめのものを選び、歯茎に優しくあたるようにして磨きましょう。
またフロスや歯間ブラシをうまく用いて、インプラント周囲に溜まった食べかすや歯垢を取り除きましょう。
もちろんインプラント部だけでなく、周囲の歯も綺麗に保つことが重要です。

➁定期的な歯科医院への受診

インプラントを正しく管理するために、定期的に歯科医院へ受診することが大切です。歯科医師や歯科衛生士が、プロの目線でチェックして頂けますし、インプラント周りのお掃除も行ってくれます。治療後、3ヶ月〜半年に1回程度の受診が望ましいですが、治療を受けた歯科医院と相談して、受診のペースを決めましょう。

➂喫煙をやめる

喫煙は、インプラントに対して悪影響を及ぼすことが分かっています。喫煙によって、炎症を起こす可能性が高まり、インプラントの寿命が縮まることがあります。インプラント治療を受けた方は、できるだけ喫煙をやめるように心掛けましょう。

➃食生活に気を付ける

バランスの良い食事により、免疫力が向上し、インプラント周囲に炎症を起こしにくくなります。野菜や果物をたくさん摂取し、ビタミンやミネラルを補給することで、インプラントも健康的な状態が保たれます。

以上が、インプラントの寿命を延ばすためのメンテナンスポイントです。インプラント治療が成功し、長く快適に過ごせるためにも、これらのポイントをしっかりと実践してください。
 

 

4. イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院におけるインプラント治療のサポート内容

今回は、インプラント治療におけるイオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院のサポート内容について詳しくご紹介いたします。
これからインプラント治療を検討されている方や、クリニック選びに迷われている方にとって、重要なポイントだと思いますので、ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

まずイオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院では、インプラント治療を受けられる患者様には、治療後のアフターケアが充実しています。
具体的には、定期的な検診歯石除去補綴物のクリーニング等を行い、またインプラント周囲の歯槽骨や歯肉の状態をチェックし、早期にトラブルを察知・対処するようにしています。
また、インプラント部のみでなく、周囲の歯や口腔内の状態についても、しっかりとしたケアを行っています。
このサポートが、他のクリニックと比較しても充実していると自負しております。
治療後に定期的にメンテナンスに通っていただき、医師や衛生士による指導に従って適切なケアを行っていれば、インプラントは十分に長持ちすることが期待できます。

最後に、インプラント治療に関する疑問や不安がある場合は、いつでもお気軽にご質問ください。
イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院では、患者様が納得のいくまで丁寧に説明させていただくことをお約束します。
インプラント治療を安心して受けられる環境を提供することが、イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院の使命ですので、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。

これらのサポート内容をぜひお考えの上で、クリニック選びに役立てていただければ幸いです。それでは、皆様のご来院をお待ちしております。


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太