ブログ

入れ歯とブリッジの違いとは?正解はどっち?おすすめの施術とは?

▼目次

1. 入れ歯とブリッジの基本的な違い

2. 入れ歯とブリッジのメリット・デメリット

3. 当クリニックでの入れ歯とブリッジの施術

4. 入れ歯とブリッジに関するよくある質問

 

1. 入れ歯とブリッジの基本的な違い

入れ歯は、歯のなくなった部分を人工の歯で補う装置で、取り外し可能な事が特徴です。
一方、ブリッジは、両隣の健康な歯を削り、接着剤で装置を固定することで、歯のなくなった部分を補う治療法です。

入れ歯のメリットは、費用が比較的安いことや取り外しが可能なため、清掃が容易なことが挙げられます。
デメリットとしては、装着感が慣れるまでに時間がかかることや、違和感や痛みを感じることがある点です。
ブリッジのメリットは、固定式のため、使用感や審美的にも違和感が少ないことです。
デメリットとしては、健康な歯を削るため歯への負担が増してしまうことや、ブリッジの下に汚れが溜まりやすく不衛生になりやすいことが挙げられます。
両者の選択には、個々の状況や希望に応じて検討することが大切です。

最後に、適切な選択を行うためには、信頼できるクリニックや歯科医師と相談することが重要です。

 

2. 入れ歯とブリッジのメリット・デメリット

歯のなくなってしまった部分を補う治療法として、入れ歯とブリッジがありますが、それぞれのメリット・デメリットを比較して、適切な選択ができるようになりましょう。

【入れ歯のメリット】

1. 費用が比較的安い
2. 隣の歯への負担は少ない
3. 清掃しやすい

【入れ歯のデメリット】

1. 取り外しが面倒であること
2. 使い始めは違和感や痛みが出やすいこと
3. 針金が気になるため、審美的に良くないこと

【ブリッジのメリット】

1. 固定式なので取り外しが不要
2. 自然な見た目で違和感が少ない
3. 噛み合わせの安定性

【ブリッジのデメリット】

1. 隣の歯を削ることになるため、歯が痛む、もしくは歯に負担がかかりすぎるなどリスクがあること
2. 不衛生になりやすいこと

それぞれのメリット・デメリットを比較したうえで、ご自身のライフスタイルや予算に合った方法を選択することが大切です。
具体的な治療方法や適切なケアについては、歯科医師と相談することが望ましいです。

また、クリニック選びも重要です。
適切な治療方法やアフターケアを提供するクリニックが、あなたの口の健康を長期的に守ってくれるでしょう。

最後に、入れ歯やブリッジを選択する際には、いずれの方法にもメリット・デメリットが存在することを理解し、適切な選択を行いましょう。
歯科医師とよく相談して、最善の治療方法を見つけてください。
 

3. 当クリニックでの入れ歯とブリッジの施術

➀入れ歯について

当クリニックでは、患者さんに最適な入れ歯を提供するために、緻密な診査・診断のもと、個々の状況に合わせたオーダーメイドの入れ歯を提供しています。
使用する素材や製法にもこだわり、患者さんが快適に使用できる入れ歯を目指しています。
また、入れ歯による咬み合わせや発音の状態を重視し、適切な調整を行うことで、自然で機能的な状態を実現しています。

➁ブリッジについて

当クリニックでは、患者さんの歯の状態や予算に応じたブリッジを提案し、自然な見た目と機能性を両立した施術を行っています。
使用する素材にはジルコニアやセラミックなど、耐久性・審美性に優れたものを選定しています。

当クリニックでは、入れ歯やブリッジをはじめとする治療に対して、症状の改善だけでなく、患者さんのQOL(生活の質)の向上を重視しています。
そのため、アフターケアにも力を入れており、定期的な検診や長期的なアドバイスを行っています。
これにより、入れ歯やブリッジを長持ちさせ、快適な使用感が維持できるように努めています。

これからも、当クリニックでは、入れ歯とブリッジの施術を通じて、患者さんの健康で美しい笑顔をサポートしていきますのでどうぞお気軽にご相談ください。

 

4. 入れ歯とブリッジに関するよくある質問

➀入れ歯とブリッジの主な違いは何ですか?

入れ歯は、歯が無い部分に取り外しのできる人工の歯をセットして、機能や見た目を補うものです。
一方ブリッジは、両側の健康な歯を支えにして、失われた歯を補う方法です。
入れ歯は取り外しが可能ですが、ブリッジは固定されるため、取り外しはできません。

➁入れ歯やブリッジを入れるタイミングはいつですか?

入れ歯やブリッジの適切なタイミングは個人差があります。
歯を失った直後に入れることもあれば、治療後にしばらく経ってから入れることもあります。
患者さんのお口の状況や個々のニーズに応じて、最適なタイミングを提案します。

➂入れ歯やブリッジの寿命はどのくらいですか?

入れ歯やブリッジの材質や製造方法によって寿命は異なります。
一般的には、入れ歯は5〜10年、ブリッジは10年ほどと言われています。
入れ歯の場合は、入れ歯が合わなくなってくることが多いですが、ブリッジの場合は支えている歯がダメになってしまうことが多いです。
ただし、適切なケアを行うことで寿命を延ばすことが可能です。

➃入れ歯やブリッジのケア方法は?

入れ歯は毎日外して洗浄することが基本です。
専用のクリーナーや歯ブラシを使って、汚れや付着物をしっかり落としましょう。
ブリッジは歯磨きの際に、ブリッジの下部分も清掃することが大切です。デンタルフロスや洗口液を活用することで、ブリッジ周辺のケアができます。

➄どちらを選ぶべきですか?

入れ歯とブリッジにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
患者さまのご要望やお口の状態によって、最適な方法が異なりますので、まずはクリニックで相談してみましょう。
適切なアドバイスや治療を行うことで、皆さんが快適に過ごせるようサポートいたします。


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太