ブログ

入れ歯は何日で出来る?気になる歯が無い期間の対処法

▼目次

1.入れ歯作成までのプロセス: 検査、診断から入れ歯の完成まで

2.入れ歯の種類とそれぞれの作成期間: 総入れ歯、部分入れ歯、治療用入れ歯

3.歯が無い期間のお悩み解決: 歯抜け期間の見た目や機能性の対策

4. イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院での入れ歯作成の特徴: 丁寧なカウンセリングと技術力で安心・快適な入れ歯へ

 

 

1. 入れ歯作成までのプロセス: 検査、診断から入れ歯の完成まで

今回は、入れ歯作成までのプロセスについてご説明いたします。
入れ歯作成までのプロセスを理解することで、適切な選択ができるだけでなく、入れ歯作りに対する不安を解消することもできます。

入れ歯作成にあたり、まず最初に、患者様の口腔内の状態を把握するための検査が行われます。
歯科医師が口腔内を直接観察し、問題箇所や治療が必要な箇所を特定します。また、レントゲン検査歯周病検査も行われることがあります。

次に、診断が行われます。検査の結果から、患者様に最適な入れ歯のタイプ材料などを提案します。
それぞれの特徴やコストによって、患者様にとって最適なものが選択します。

入れ歯の種類が決まったら、次は患者様の歯や顎の型取りをしていきます。
型取りは、出来上がってくる入れ歯のフィット感使い勝手に大きく影響してきます。

次は噛み合わせを採る工程に移ります。
特に入れ歯(入れ歯が大きくなればなるほど)においてはこの工程は非常に重要な工程となります。
できるだけお口周りの筋肉をリラックスさせた状態で、上下の歯が噛み合う位置を決めます。

その後、入れ歯の試作品が患者様に合わせられ、調整が行われます。
試作品が違和感なく嵌まること、噛み合わせがズレていないこと、見た目がキレイであることなどを確認して、問題なければ最終的な入れ歯の完成となります。

最後は、完成品をお渡しして最終調整となります。
歯科医師から入れ歯の使用方法やお手入れ方法、定期的な検診の必要性について説明があります。
入れ歯は適切なケアが行われることで、長く安心して使用できるものとなります。

以上が、入れ歯作成までのプロセスです。適切な検査や診断を行い、患者様に合わせてカスタマイズされた入れ歯を選ぶことが重要です。
クリニック選びのポイントは、「安全性」「技術力」「サポート体制」などが挙げられますので、ぜひ参考にしてください。
 

 

2.入れ歯の種類とそれぞれの作成期間: 総入れ歯、部分入れ歯、治療用入れ歯

今回の記事では、入れ歯の種類とそれぞれの作成期間についてご紹介します。

入れ歯とは、欠損している箇所を補完する目的で使用されるます。入れ歯には大きく分けて2つの種類があります。
まずは総入れ歯と呼ばれるもので、全部の歯が欠損している場合に使用されます。
患者さんの口腔状況をしっかり診察したうえで作成するため、作成期間は約1ヵ月〜2ヶ月程度かかります。

もう一つは部分入れ歯です。これは、一部の歯が失われている場合に使用されます。
部分入れ歯は、欠損歯のみを補填する入れ歯です。金属やプラスチックの留め具を使って周りの健康な歯に固定されることが一般的です。
部分入れ歯の作成期間は、一般的な入れ歯と同様に1ヵ月〜2ヶ月程度です。

治療用入れ歯は、抜歯直後の期間に一時的に使用する目的で作られる入れ歯です。
抜歯後の歯茎の傷が癒えるまでの間、噛む機能や見た目を一時的に回復するために使用されます。
緊急用入れ歯は、あくまで一時的な使用を目的としているため、作成期間は短く、約2週間〜1ヶ月程度で完成します。

いずれの入れ歯も、患者さんの口腔状況やニーズに合わせて作成されるため、実際の作成期間がもう少し長くかかることもあります。
自分に合った入れ歯を選ぶためにも、まずはクリニックで相談してみましょう。適切な治療とサポートで、快適な生活を送ることができるようになります。
 

 

3.歯が無い期間のお悩み解決: 歯抜け期間の見た目や機能性の対策

今回の記事では、歯を失った期間のお悩みや対策についてお話ししたいと思います。
歯が無くなると、見た目や噛む機能に影響が出ることがありますが、適切な対策でその悩みを解決することができます。

1. 見た目の対策

歯が無い期間、特に前歯が抜けた場合、見た目が気になることがあるかと思います。そんな時は、一時的な対策として「仮歯」を使用しましょう。
仮歯は、失った歯の場所に取り付けることができ、見た目や機能面を一時的に回復させることができます。
仮歯は、入れ歯のタイプやブリッジタイプのものなどがあります。

2. 噛む機能の対策

歯を失ったことで噛む力が弱まると、食事や発音に影響が出ることがあります。また残った歯にも負担が強くかかってしまいます。
この問題を解決するためには、「欠損治療」が必要です。「欠損治療」とは、失った歯の箇所の機能と審美面を回復させるための治療です。

「欠損治療」には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療法があります。
治療法の選択は個々の口腔内の状況、または患者様の希望によって決定されるため、歯科医師とよく相談をして、患者様にとって最適な治療法を選んでください。

3. 予防対策

歯の抜けた原因が虫歯や歯周病である場合は、歯科医院で適切な治療を受けるだけでなく、日頃のケアにも気を配る必要があります。
正しい歯磨きやフロスの使用、定期的な歯科検診などの予防対策が、再発を防ぐカギとなります。

まとめ

歯が無い期間の悩みは、見た目と機能性に大きく影響しますが、適切な対策をとることによって解決することができます。
歯科医院で専門的な治療を受けることはもちろん、ご自身での予防対策も忘れずに行ってください。
健康で美しい笑顔を取り戻すために、歯科医院と協力してお悩み解決に取り組みましょう。
 

 

4. イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院での入れ歯作成の特徴: 丁寧なカウンセリングと技術力で安心・快適な入れ歯へ

イオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院では、丁寧なカウンセリングと技術力で、患者様のニーズに合わせた特徴的な入れ歯作成を行っております。
これにより、安心して快適な入れ歯をご利用いただくことができます。

まず、入れ歯作成の初期段階で重要なのが、患者様との丁寧なカウンセリングです。
入れ歯に対する患者様の不安や期待、口の状態に合った最適な入れ歯のタイプを選ぶためにも、十分にお話を伺います
また、患者様が入れ歯に適応するまでの過程や、その後のメンテナンスについても、わかりやすく説明します。

カウンセリングの後、口腔内の形状や咬み合わせを正確に把握するために、特殊な型取りを行っていきます。
これにより、患者様のお口にフィットする入れ歯を作成することができます。

さらに、入れ歯の材料選びにもこだわりがあります。耐久性や質感に優れた材料を使用し、見た目や機能面でも満足度の高い入れ歯が完成します。
また、アフターケアにおいても、手厚いサポートと定期的なメンテナンスで長くお使いいただけるように努力しています。

こうしたイオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院の入れ歯作成の特徴をお伝えした上で、皆様に安心してイオン福島 ファミリーとシニアの歯科医院を選んでいただけるよう、引き続き質の高いサービスを提供していく所存です。
どうぞお気軽にお問い合わせいただき、一緒に理想的な入れ歯ライフをスタートさせましょう。


監修
 ファミリーとシニアの歯科医院 イオン福島診療所
 院長・歯科医師 山下 敬太